前面にデュアルピクセルカメラを搭載したMeitu T8が台湾で正式発表、3月29日より発売

中国・Xiamen Meitu Mobile Technologyの台湾法人である玩美行動股份有限公司は、前面にデュアルピクセルカメラを搭載したスマートフォン「Meitu T8 (MP1602)」を2017年3月29日(水)より台湾で発売。台湾全土の聯強国際系加盟店舗などで取り扱いを開始する。価格は18,990台湾ドル(約70,000円)。

170331_Meitu_T8

■ Meitu T8 (MP1602) 概要

Meitu T8は、2017年2月に中国・北京で発表された自撮り機能に特化したスマートフォン。2016年6月に発表されたMeitu M6の実質的な後継機種に相当する。

前面にデュアルピクセル技術を適用した約1200万画素積層型CMOSイメージセンサー「Sony IMX362 Exmor RS」を搭載、自撮り撮影用のLEDライトを備えている。リアカメラには約2100万画素カメラを採用。OSにはAndroid 6.0 MarshmallowをベースとしたMEIOS3.5を採用、充電端子はUSB Type-Cとなっている。

OSMEIOS3.5 (Android 6.0 Marshmallow)
CPUMediaTek Helio X20 デカコア 2.3GHz
RAM4GB
ストレージ128GB
バッテリー3580mAh
ディスプレイ約5.2インチFHD(1920*1080)AMOLED液晶
カメラメインカメラ 2100万画素 / インカメラ 1200万画素
通信方式TD-LTE / FDD-LTE / TD-SCDMA / W-CDMA / CDMA2000 / GSM
SIMスロットNano SIM
4G+3G DSDS非対応
充電端子USB Type-C
サイズ158.4 * 71.5 * 9.3 mm
重さ約170g
カラー魔力橙、玫瑰金、耀目藍

Source: 美圖手機台灣官網

SPONSORED LINK

170331_Meitu_T8

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です