香港のMVNO博元訊息、WeChatアプリで中国番号のSMSの送受信ができる「易博通」の提供を開始

香港特別行政区で仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービスを提供している博元訊息 (Multi-byte Info)は、中国の携帯電話番号をWeChatアプリ上で利用することができるSMS配信サービス「易博通」(eSender)の提供を開始した。

これまで中国の携帯電話番号を新規で取得するには、中国本土および香港の移動体通信事業者と契約もしくはプリペイドSIMカードを購入する他なかったが、「易博通」を利用することで、WeChatアプリ上で簡単に中国の携帯電話番号を取得してSMSを利用することができる。

170613_eSender_WeChat

WeChatアプリ上で中国番号のSMSの送受信が可能になる。

中国の携帯電話番号を取得することで、中国本土を訪れた際に銀行口座を開設することやシェアサイクルの「摩拜单车 (Mobike)」や配車アプリの「滴滴出行 (Didi Chuxing)」が利用可能になる。

また、「易博通」は、WeChatアプリのトーク画面からSMSの送受信を行うことから、SIMカードを入れ替えことなく利用することが出来る。(例えば、これまで中国に行く度に中国移動香港の2-in-1プリペイドSIMカードに入れ替えしていたのが、普段使っているSIMカードで海外ローミングをしながら中国番号のSMSを受信することが可能になる。)

提供料金は30日/28香港ドル、180日/88香港ドル、360日/128ドルの3種類が用意されている。SMSの発送は別途料金がかかる。(中国本土向けのSMS送信1通あたり1香港ドル、その他の国と地域向けのSMS送信1通あたり3香港ドル)

博元訊息は、「易博通」の提供を記念して60日間無料で利用することができるプロモーションコードを配布している。プロモーションコードは下記の通り。

使用優惠碼 DS0300 註冊可享 60 天免費試用。

eSender_e-zone_Advertorial_20170519_V1

「易博通」 登録手順

SPONSORED LINK

170613_eSender

このエントリをSNS共有/RSS登録

1 個のコメント

  • Dual SIM機であってもSMS用にSIMスロットを消費したくない私にはありがたいです。本記事を見た直後は日本のパスポート番号で登録するとエラーになってしまってましたが、サポートの方とやり取りして、現在は登録可能になってます。

    現状の問題点は、
    たまに入力した番号にSMSではなくてコールバックして音声で験証マを通知するようなサービスがあり、この場合、当然使えない
    微信でSMSを受け取るという仕組み上、微信のアカウントに番号が(操作の遷移上)指定できない(こちらはサポートに報告済み)
    くらいでした。ご紹介多謝!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です