Expansys、Galaxy Note FEの取り扱いを開始。本体価格は87,700円

SIMフリースマートフォンやタブレットなどを販売する海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)は、Samsung Electronics製スマートフォン「Samsung Galaxy Note FE (Fan Edition) Single-SIM SM-N935」の取り扱いを開始した。カラーバリエーションはBlack Onyx、Silver Titanium、Gold Platinumの3色を用意している。

2017年7月17日(月)時点での販売価格は日本国内への送料や諸税別で87,700円。

Galaxy Note FEは、2017年7月に発表されたSamsung Galaxy Noteシリーズの最新モデル。爆発事故を理由として製造・販売が終了したGalaxy Note7の早期中止に伴って発生した未使用の部品を利用したスマートフォンとされている。

基本的なデザインやスペックはSamsung Galaxy Note7と同等となり、防塵防水設計の本体に約5.7インチWQHD(2550*1440)Dual edge Super AMOLEDディスプレイを搭載。0.7mmのペン先と4,096段階の筆圧に対応したS Penによる手書き入力にも対応している。

爆発事故の原因となったバッテリーは電池容量を3500mAhから3200mAhへと小型化することで、厳格な安全性検査を通じた完璧な安全性を備えているという。

Samsung Galaxy Note FEの製品情報は以下にて。

20160822_GalaxyNote7_Samsung

爆発事故で販売中止に追い込まれたSamsung Galaxy Note7

SPONSORED LINK

170718_Expansys_Galaxy Note FE

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です