中国移動香港の国際ローミングサービスで障害が発生、中国渡航中に通信障害が発生した時の代替手段を考える

香港の通信事業者である中国移動香港 (China Mobile Hong Kong)は、7月21日未明から22日にかけて国際ローミングサービスで通信障害が発生したと複数の香港メディアが報じている。

170723_ChinaMobile

複数の香港メディアによれば、通信障害が発生したのは、中国大陸滞在中の中国移動香港の国際ローミングサービスで、音声通話およびパケット通信で圏外表示になる等利用しづらい状況になったという。

通信障害が発生したのは、21日未明。国際ローミングサービスが利用できる中国以外の国と地域で影響はなかったという。中国移動香港は公式Facebookページを通じて、22日23時までに通信障害を解消したと発表した。

この障害で影響を受けたユーザー数や原因などは発表されていないが、香港メディア向けに投稿された読者投稿欄によれば、障害はポストペイド回線およびプリペイド回線に関わらず発生したとの報告が多数有り、少なくとも深圳市、東莞市や上海市などで繋がりにくい状況になっていた。

中国渡航中に通信障害が発生したらどうする?

中国大陸でのインターネットはGoogle/Facebook/Twitterなどの各種サービスが遮断されているため、これを回避するための代表的な手段として、海外の通信事業者が提供する国際ローミングサービスで利用する方法がある。

しかし、もし仮に中国渡航中に本記事冒頭のように通信障害などで現地通信事業者のネットワークが利用出来なくなった場合、最もカンタンな代替手段は日本国内であらかじめ中国大陸向けプリペイドSIMカードを接続業者に分けて複数枚購入するという方法。

日本国内で中国大陸向けプリペイドSIMカードを接続業者に分けて複数枚購入するについては、香港の通信事業者である「中国移動香港」と「中国聯通(香港)」が提供するプリペイドSIMカードで、中国でのローミング利用に適したプリペイドSIMカードが販売されている。

中国移動香港および中国聯通(香港)が販売するプリペイドSIMカードのうち、中国大陸での海外ローミング利用に適しているのは以下。いずれもAmazon.co.jpで販売されており購入可能。

中国大陸でのLTE国際ローミングが1日あたり68香港ドル(約960円)、1日1GBで速度制限。

中国大陸および香港で10日間インターネットが利用可能、容量1.5GBまで。

中国大陸および香港の定額データ通信プランを3種類用意、最安プランで300MB/7日間/48香港ドル(約690円)。

中国大陸および香港で7日間インターネットが利用可能、容量1GBまで。


ここで紹介しているプリペイドSIMカードは香港向けに販売されているもので、香港のSIM屋台が並ぶ「鴨寮街」(香港MTR 深水埗駅周辺)などでは、定価よりも割引された価格にて購入できる。

SPONSORED LINK

170723_ChinaMobile

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です