テレコムスクエアが台湾・中華電信のプリペイドSIMの取り扱いを開始、成田・羽田空港で販売開始

世界各国のモバイル通信機器のレンタルサービスを提供する株式会社テレコムスクエアは、台湾最大の通信事業者である中華電信 (Chunghwa Telecom)のプリペイドSIMカードを2017年8月7日(月)より成田空港および羽田空港内の店舗にて販売すると発表した。 中華電信のプリペイドSIMカードを台湾国外で販売する正規代理店はテレコムスクエアが初めてとなる。

取り扱いされるプリペイドSIMカードは中華電信の「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」(4G計日型預付卡 5日型)。1日分の無料通信がついているため、実質6日間、データ通信量無制限でインターネットを利用できる。また、国際電話も可能な無料通話分が50台湾ドル含まれている。販売価格は1,400円(不課税)。

中華電信はFDD-LTE 1800(B3)/2600(B7)/900(B8) MHzでLTEサービスを提供しており、都市部ではFDD-LTE 1800(B3)/900(B8) MHzをメインで展開。2017年8月現在、台湾本土や離島(澎湖群島、金門島、馬祖島)を含めた全国368鄉鎮市區で4G LTEサービスを提供している。

SIMカードのサイズは標準SIM (2FF)サイズ、Micro SIM (3FF)サイズ、Nano SIM (4FF)サイズの3種類に切り抜けるタイプのため、SIMカードのサイズに関する心配は不要で使用することができる。

170803_Chunghwa Telecom_Prepaid SIM

テレコムスクエアが販売する中華電信のプリペイドSIMカード「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」

商品概要

  • 商品名:「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」
  • 料金:1,400円 (不課税)
  • 有効期限:利用開始から6日間 (初日無料+5日)
  • データ通信量:無制限
  • Wi-Fi:台湾全土50,000カ所を超える公衆無線LANスポット「CHT Wi-Fi」が無制限で利用可能
  • 通話:通話料50元分無料
  • リチャージ:台湾の中華電信ショップおよび台湾国内のコンビニでリチャージカードの購入が可能

■ 販売場所

  • 成田空港 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」 (営業時間 07:30 – 21:30)
  • 成田空港 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (営業時間 07:00 – 21:00)
  • 成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (営業時間 06:00 – 21:00)
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー「モバイルセンター羽田空港」 (営業時間 06:30 – 23:00)

台湾に深夜着の場合はとても便利、市内および有名観光スポット巡りのみの場合は他の選択肢も

台湾の主要空港には通信事業者が空港内ショップおよびプリペイドSIMカード販売カウンターを出店しており、また比較的日本語も通じるため、プリペイドSIMカードの入手ハードルは低い国だと思う。しかし、早朝便や深夜便で台湾に到着しても空港内のカウンターは全て営業していないので、基本的に空港内でSIMカードを購入することはできない。(参考までに台湾桃園国際空港内のカウンターは24時(深夜0時)以降は営業時間外になる)

DSC03977_Fotor

台北桃園国際空港 第1ターミナルにあるプリペイドSIMカード販売カウンター

その為、前述のように早朝や深夜に台湾に到着することの多いLCCを利用する場合や海外渡航に不慣れの場合は、現地到着前にモバイルレンタルサービスに従事した専門のスタッフが対応してくれるテレコムスクエアでプリペイドSIMカードを購入するのをオススメしたい。

余談ながら、基本的に台湾旅行中は主要都市内及び有名観光スポットのみを訪問する場合、台湾の三大通信事業者と呼ばれる「中華電信 (Chunghwa Telecom)」「台湾大哥大 (Taiwan Mobile)」「遠傳電信 (FarEastone Telecommunications)」のどこのプリペイドSIMカードを購入しても快適にモバイルネットワークを利用することが出来る。

Amazon.co.jpでは遠傳電信のネットワークが5日間利用可能なプリペイドSIMカード「FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限」が1,100円で販売されており、こちらもオススメ。

SPONSORED LINK

pr

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です