Skip to content

IT転職管理者

転職の前に確認したいIT企業の職種の種類と業務内容について

一口にITと言っても職種の種類は様々であり、業務内容も細分化されています。

ITと聞くとパソコンの前でプログラミングなどの作業を行うイメージがあるかもしれませんが、それは業務内容のほんの一部です。

転職のために面接を受けるつもりの人は、職種の種類と業務内容について理解しておきましょう。

IT企業の職種の種類は、大きく4つに分かれています。

1つ目はエンジニア系で、システムエンジニアやプログラマーなどが該当します。

単純なパソコンの操作だけではなく、高度なシステムの利用やプログラミングを好む人に向いているでしょう。

2つ目は営業やコンサルタント系で、IT専門のコンサルタントやセールスエンジニアが該当します。

過去に営業職の経験があり対人スキルに自信がある人は、コンサルタント系で活躍できるかもしれません。

3つ目はマネジメント系で、プロジェクトマネージャーなどが該当します。

IT業界で働く人々が十分にパフォーマンスを発揮できるために、マネジメント能力が必要となる職種です。

4つ目は開発や研究系で、新製品や技術研究が該当します。

今までにない新しいものを開発し、その実現のために熱心に研究できる人材を企業は求めているのです。

IT企業の業務内容は幅が広く、上記した職種の種類ごとに分かれていることも特徴です。

たとえばエンジニア系の場合、サーバセキュリティを担当することもあります。

サーバ機器の設計や構築、設定や運用などを行う業務です。

何かしらの原因により障がいが発生した際、復旧を実施する運用保守も担当します。

ネットワークエンジニアとして業務を行う場合、ネットワークシステムの構築や保守管理などを担当します。

高い専門性が求められるため、専門的な資格やある程度のキャリアが求められるでしょう。

製品やシステムが仕様通りに働くかをチェックするために、テストや評価の業務を行う場合もあります。

仕様書を用意して製品やシステムを作動させ、エラーがないかを細かくチェックするのです。

もしエラーが見つかった場合はレポートをまとめ、再び製品やシステムのプログラミングが行われます。

IT企業の職種の種類ごとに求められるスキルが異なるため、自分がどれに該当するか理解することは重要です。

求められているスキルを得るために、事前に資格の勉強をして自分の価値を高めることもおすすめです。

業務内容には地味なものもあるかもしれないため、ギャップに苦しまないように勉強しておくと良いでしょう。

IT業界の中でソフトウェア業界はどんな仕事内容なのか?

IT業界は大きく分けると、4つ業種から成り立っています。

ハードウェア、ソフトウェア、インターネット、情報処理の4つです。

ここではソフトウェア業界にスポットをあてて、詳しく解説をしていきましょう。

ハードウェアというのはパソコンや携帯電話、それに付随する周辺機器のことを指す業界です。

このハードウェアと一対になっているのが、ソフトウェア業界になります。

ハードウェアの動作を制御するプログラムのことを、ソフトウェアとして総称しているからです。

このソフトウェアもまた、大きくは2つに分類できます。

システム全体を管理することになるOSと、OS上で特定の作業を実行するアプリの2つです。

わかりやすいように実例を出すと、携帯電話の本体がハードウェアで、ソフトウェアはiOSやAndroidなどのOS、それぞれに対応するアプリという形になります。

一昔前までソフトウェアと言えば、パソコンで使うものがほとんどでした。

しかし10年ほど前からスマートフォンが流通を始めたことによって、一気にその幅が広がったと言えるでしょう。

現在でも右肩上がりとなっている業界の1つです。

携帯電話のアプリをイメージしてもらうとわかりやすいですが、ソフトウェアというのは多種多様な分野にわたります。

現在では裾野が広がったことから、どうしても人材が不足している状況でもあるのです。

そのため手に職をつけるという意味でも、ソフトウェア業界へ就職や転職を希望する人は少なくありません。

では実際にソフトウェア業界では、どんな職種があるのでしょうか。

基本的には3つの職種が代表的です。

システムエンジニア、プログラマー、営業職となります。

システムエンジニアとはソフトウェアを開発する時の監督のような役割を果たす職種です。

クライアントからの要望を聞いて、システムの設計をして仕事を割り振っていくという形になります。

スケジュール管理なども含めて行うため、マネジメントの知識なども必要となるでしょう。

プログラマーはシステムエンジニアの作った設計を元にして、実際にソフトウェアを組んでいく仕事になります。

世界中で最も必要とされる職種の1つとも言われていて、経験と実績があれば職に困ることはないでしょう。

最後の営業職も実は重要な職種です。

クライアントとシステムエンジニアの間に入って、様々な調整やサービスなどを行う仕事になります。

IT業界の一分野であるソフトウェア業界についてでした。

現在の社会では欠かせない分野だけに、右肩上がりで成長を続けている業界の1つになります。

人材不足の業界でもあるため、未経験でも就職や転職のチャンスが大きいと言えるでしょう。

IT業界に就職・転職したい時に転職コンサルタントを使うメリットを解説

現在IT業界は深刻な人手不足とされています。

ですが成長している業界であるだけに、就職もしくは転職をしたいという人も少なくありません。

そんな時に転職コンサルタントを使うのですが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

IT業界に転職コンサルタントを使うことのメリットの代表的なものが、非公開求人にも対応できる点です。

一般的な就職サイトや転職サイトで、登録をしないままで見ることができる情報は約20%程度だと言われています。

残りの80%は非公開求人というものなのです。

非公開求人とは浅く広く人材を募集するのではなく、企業側からこういった人材が欲しいと募集をされたものになります。

当然ですが一般公開されている求人よりも、条件や待遇が良いため非公開求人が使えるか使えないかでは大きな差が出るでしょう。

転職コンサルタントを使えば、自分の職歴やスキルなどにあった非公開求人を紹介してくれます。

また転職コンサルタントのメリットとしては、面倒な手続きやスケジュール調整などを任せられるという点です。

履歴書の作成や企業へ面接のアプローチ、採用までのスケジュール管理などなど様々なことを行ってくれます。

また場合によっては条件交渉など、転職や就職をする側では言い出しにくいこともお願いできるのです。

スケジュール調整には、面接日程や入社の時期なども含まれます。

こうした地味な部分ではありますが、転職コンサルタントを使わないとストレスになることを肩代わりしてくれるのです。

IT業界が未経験という人が就職や転職をする時に役だってくれるのが、様々な相談ができる点でしょう。

IT系の転職コンサルタントを利用したい場合はITエンジニアを希望する人にオススメの転職エージェントをご参照ください。

情報がまとまっていますので、比較検討するときに便利ですよ。

転職コンサルタントは転職のプロであるため、様々な情報を持っています。

この企業はこういった特徴があるなど、求人情報やウェブサイトだけではわからない部分も教えてくれるのです。

さらにIT業界が未経験であるのなら、どんなスキルがあればいいのか、資格が必要なのかなど細かい部分の疑問にも答えてくれます。

つまり自分に必要なスキルや、どんな人材を企業側が必要としているのかなど、すべて相談で聞くことができるのです。

未経験者であればあるほど、こういった情報がありがたいものでしょう。

最後になりますが、転職コンサルタントは無料で利用できるのもメリットです。

いくつかメリットをあげてきましたが、どれもIT業界への転職や就職をする人にとっては役立つものだと言えます。

それが無料で利用できるのと疑問に思われるかもしれませんが、その秘密はシンプルです。

人材を提供してもらった企業側が料金を支払うシステムになっていますので、安心して利用してください。

IT業界に転職や就職をする時に、転職コンサルタントを使うメリットについて紹介してみました。

スケジュール管理や面倒な書類の作成など、就職転職活動には欠かせない部分を肩代わりしてくれるのがメリットです。

特に求人情報ではわからない情報などを提供してくれるのは、大きな魅力になるでしょう。

IT業界って残業が多いって聞いたけどホント?働き方改革の影響は?

IT業界への就職を考えた時に、気になるのが残業の多さでしょう。

特にIT業界と言えばブラック企業などの、イメージを持つ人も少なくありません。

しかし本当に残業が多いのでしょうか。

結論からお伝えしますと、一部では正解ですが概ね正しくありません。

そもそもIT業界と一口にいっても、その職種は様々です。

つまり残業が多い職種もあれば、反対に残業が少ない職種もあります。

ですのでIT業界だからと一括りで、残業が多いとしてしまうのは間違っているのです。

ただ全面的に間違っているわけでもなく、一部の職種では残業が多いと言ってもいいでしょう。

では残業の多い職種にはなにがあるのでしょうか。

最もよく言われるのが、システムエンジニアとプログラマーの2つの職種です。

システムエンジニアはクライアントから発注を受けたものの概要を作り、その概要に沿って実際にプログラムを作るのがプログラマーになります。

クライアントの仕様変更であったり、プログラムが正しく動かないことなど、残業になってしまう理由は多々あるでしょう。

ただし最近では、なるべく残業にならないよう、残業になったとしても短い時間ですむように、と配慮する企業も増えています。

反対に残業がほぼなく、定時で帰ることができる職種もあります。

その代表的なのはヘルプデスクと呼ばれる職種です。

自社が販売したものに対するトラブルの対処などをする部署のことなのですが、基本的には24時間稼働することが多いのです。

そのため三交代制などのシフト制になっているため、時間がくれば後任の人と交代をするため残業になることが、ほぼありません。

もう1つヘルプデスクと似た職種になるのが、ネットワークエンジニアでも保守業務を行うケースです。

近年では多くの企業がネットワークを利用したシステムを使っていることから、トラブルがあればすべての機能が停止してしまう恐れがあります。

そのためネットワークの保守をするエンジニアも、基本的には交代制で24時間稼働しているためです。

先にも軽く触れましたが、最近では政府の推奨する働き方改革などの影響もあってか、残業をなるべく減らす方向で動いている企業も増えてきました。

そのためIT業界がイコール残業の多い業界、ということでもなくなってきているのです。

職種的にSEやプログラマーの残業は減らしにくく未だに多い傾向にありますが、以前よりは減少傾向にあると考えてよいでしょう。

IT業界は残業が多いのかについてまとめました。

SEやプログラマーといった職種は仕事内容の性格上、どうしても残業が多くなりがちです。

しかし別の職種では残業がほぼないケースもありますので、IT業界全体で残業が多いということはありません。

未経験の方がIT業界に入る前に覚えておくマナーとは?

未経験の人がIT業界に入る時には、どんな礼儀を覚えておくといいのでしょうか。

どういう業界であっても、人間関係というのは大切なものです。

IT業界でもそれは同じであるため、覚えておいた方がいい礼儀について紹介していきましょう。

原則としてIT業界にだけ通じる礼儀というのはありません。

各会社によって慣習のようなものはあるかもしれませんが、それを事前に知っておく必要はないでしょう。

未経験であっても大切なのは、社会人として常識外れな行動を取らないということです。

特に挨拶はしっかりとしておくべきです。

挨拶はコミュニケーションの基本となるものですので、ハキハキとするように心がけてください。

もう1つポイントになるのは、服装や身だしなみといった部分です。

気をつけるべきは清潔感があるかどうかでしょう。

男性ならヒゲはきちんと剃って、服に汚れやしわがないかを確認しておきます。

IT業界は職種によって私服勤務であるケースも多いです。

その時に場違いな雰囲気にならないよう、面接の時に余裕があれば先輩社員の服装などもチェックしておきましょう。

会社によっては暗黙のルールがあるケースもあるため、私服勤務であるのなら服装の規定などを事前に聞いておくほうが無難です。

また初出社の時には遅刻をしてはいけません。

通常であれば業務が始まる10分前には用意をすませておきます。

そのため余裕をもって会社につけるよう出社すべきです。

ただIT業界はセキュリティ上の問題で、始業時間にならないと開錠されないなどのケースもあります。

そのため初めて出社をする前には、採用担当などに何時頃に出社すればいいですかと確認しておく方がいいでしょう。

IT業界では人手不足もあって、勤務初日からどんどん業務が回されることもあります。

そのため事前に準備をしておく方がいいでしょう。

他にも会社になじむためにも、入社をしたらなるべく早くその会社のカラーを掴んでおくのも大切です。

最初はできることが少ないかもしれませんが、常識外れな行動を取らなければ無碍にされることはありません。

分からないことや疑問があれば積極的に先輩社員に聞いていくことで、会社になじんでいくことができます。

礼儀とは少し異なるかもしれませんが、会社独自のカラーを知ることもまた未経験者がIT業界にとけこむためには必要なことでしょう。

IT業界に入る前に未経験の人が知っておきたい礼儀でした。

礼儀といっても堅苦しく考える必要がありません。

挨拶はハキハキとして、清潔感のある服装や身だしなみをすることを心がけておきましょう。

ただIT業界では独自のカラーを打ち出す企業も多いため、そうした雰囲気を早く掴むことも心がけてください。

女性でIT業界で働きたい人が知っておきたい事

IT業界というと男性が働くイメージ大きいと思います。ただ、最近ではIT業界にも女性の数が増えてきました。

それに伴ってIT業界で働きたい、と考える女性も多くなっています。

ここでは業界について知っておきたいことを、いくつか紹介していきましょう。

IT業界と言えば、パソコンを前にしてプログラムをひたすらに打ち込んでいくというイメージを持つ人も多いです。

確かにエンジニアと呼ばれる職業は、それがメインの仕事になります。

しかしIT業界で必要とされるのは、エンジニアだけではありません。

現在この業界は深刻な人手不足とされています。

我々の暮らしに不可欠なものとなった今、業界の規模もどんどん拡大しているからです。

だからこそ女性が活躍しやすい環境を整えている企業も少なくありません。

IT業界と言えば男性の職場、理系しか就職できないというのは、今や古い認識となっています。

女性の社員数も増えていますし、理系文系を問わずに就職ができる業界だからです。

またエンジニアの数が不足しているのも事実ですが、他にも様々な職種がIT業界にはあります。

一般的な企業と同じように営業職は不可欠ですし、ディレクターやデザイナー、企画職というのもあります。

女性ならではの感性を活かしたデザイナーなどは、かなり増えているのが実情でしょう。

またIT業界は新しい業界だけに、従来の企業とは異なり多様な働き方を取り入れているケースが目立ちます。

フレックスタイムの導入はもちろんのこと、時短勤務や在宅勤務などが代表的でしょうか。

これは女性にとってかなり働きやすい環境だと言えます。

結婚や出産、育児などで時間がなかったとしても、在宅勤務であれば自分で時間を調整できるからです。

さらには自分のスキルがあれば、フリーランスとして働くこともできます。

このようにIT業界は多様な働き方が認められていますので、女性にとっても嬉しい職場だと言えるでしょう。

最後にキャリアを積みたいと考える女性にとっても、IT業界はおすすめだと言えます。

なぜなら男女の性別に関係なく、管理職にキャリアアップできる企業がほとんどだからです。

これはIT業界が人手不足であるのも一因だと言えるでしょう。

男性だから、女性だからといって選り好みをしている状況ではないため、実力や経験のある人はどんどんキャリアを積んでいくことができます。

IT業界で働きたい女性が知っておきたいことをまとめました。

イメージから女性には敬遠されがちな業界ですが、実は女性にとって嬉しい要素が揃っている企業が多いのも事実です。

特に働き方が多様化しているのは、出産や育児を考えている女性にとって大きなメリットでしょう。